2012年03月04日

車検が切れました

車検が切れました

車検が切れたのに私が気がついたのは、
車検の有効期間から既に2週間ほどたってから
でした。

車検が切れるとディーラーから通知がきて
いたのですが、なんとなくまだ大丈夫と
たかをくくっていたのが失敗でした。

幸いにもここ2週間車にはのっていません
でしたが車検が切れているのに乗って
もしも捕まったら大変です。

車検が切れている状態で捕まると無車検運行違反で
6点減点です。危うく免停になるところでした。

あと車検は切れていましたが自賠責保険が切れて
いなかったのが救いです。

私のように車検が切れている場合でも、自賠責保険
は大抵車検が切れた1ヶ月後まで有効ですから
早めに気づけば仮ナンバーを取って、車検に
出すだけで済みます。

実際に私が行った車検切れの際の手続を紹介します。


私は自分の自動車の車検が切れて仮ナンバーを
自分で取りましたが、整備工場や車検を取り扱って
いるところである程度大きいところは
5000円から1万円くらい追加で費用はかかり
ますが引取りから車検までやってくれますので
それを利用するのも良いと思います。


まず、近くの市区町村の役所を調べます。出張所とかでは
無く庶務課などのある役所の方がいいようです。

仮ナンバーの発行を受ける役所は自動車を運行する
経路にあればOKなようです。

ユーザー車検をするなら自分の会社の近所で仮ナンバーを
取って陸運局に行くなんていうのも可能です。

仮ナンバーを申請するのに必要な書類として
自賠責保険証明書(原書・コピーはダメ)
自動車検査書(車検切れの検査書)
印鑑(認め印でOK)
免許証
手数料(750円印紙代)

後は役所で自動車臨時運行許可申請書というのを
記入して併せて出せば仮ナンバーは発行してもらえ
ます。

ただし、自賠責保険が切れていると仮ナンバーが
発行してもらえませんから、保険に入る必要があります。
役所では手続してもらえませんから整備工場や
任意保険を扱っている保険会社とかディーラーでも
取り扱ってもらえますから先に手配しておきましょう。

で、ここからが最大の難所、仮ナンバーの
取り付けです。

車検が切れていても後ろの封緘にはふれては
いけません。
前だけネジを外して上から仮ナンバーをつけて
後ろはウインドーガラスの内側に貼っておきま
しょう。

とりあえず、これで車検場や整備工場などに乗って
いけます。
posted by 車検切れ対応 at 23:05| 車検切れの対処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。